神奈川県建設労働組合連合会

実施講習会(2019年度)

資格・講習会 / 実施講習会(2019年度)


2019年度 実施講習会

*講習会日程は変更になることがあります。各組合・支部へご確認下さい。

建設現場での危険な作業を行なう場合、労働安全衛生法により「作業主任者」をおかなければなりません。
「作業主任者」をおかないで作業をした場合は、6ケ月以上の懲役または50万円以下の罰金に処されます。神奈川県建設技術センターは、神奈川労働局登録の講習機関です。建設現場での労働安全衛生教育の徹底を目的に実施しています。

事業主のみなさん

助成「建設労働者確保育成助成金制度」が改正されました受講料の約75%と賃金のうち¥7,600が助成されます!

申請条件

  • 雇用保険料率 12/1000 に加入の中小建設業者
  • 受講者が雇用保険被保険者
  • 受講料は会社負担
  • 受講期間中、受講者に賃金が払われる(所定外割増、休日割増又は振替含む)

対象となるのは 助成 の講習です申込時におしらせ下さい。
講習日の1週間までに労働局へ「計画書」の届出が必要です。
お問合せは 神奈川労働局職業対策課 助成金センター 045-270-7989

実施講習会

【ご案内】
 1.講習会名 2.資格が必要な作業 3.受講料 4.申込書

2019年 7月
12日(金)
  1. 建築士定期講習
  2. 建築士事務所に属する建築士は、3年ごとの「建築士定期講習」が義務付けられました。
  3. 10,000円
  4. 申込用紙
2019年 8月
1日(木)
  1. 石綿作業者特別教育
  2. 石綿含有建材の除去作業にかかわるすべての作業者
  3. 3,000円
  4. 申込用紙
2日(金)
  1. 助成 フルハーネス型安全帯(墜落制止用器具)特別教育
  2. 高さ2m以上の作業床等のない高所作業ではフルハーネス型を着用することが原則となりました【2019年2月1日施行】
    ガイドラインによると一般的な建設作業では5m以上その他の作業では6.75m以上を超える作業ではフルハーネス型の着用をすることが義務化されました
    (高さが2m以上の箇所であって、作業床を設けることが困難なところにおいて、フルハーネス型を用いて作業を行う場合、また、一連の作業の家庭において、
    一部作業床を設けることが困難な場所にあって、フルハーネス型を使用する場合にも、本特別教育の対象となります)。
  3. 8,000円
  4. 申込用紙
8日(木)
  1. 助成 自由研削といしの取替業務
  2. グラインダ(自由研削盤)を取り扱う場合、研削といしの取替え又は取替え時の試運転の業務にあたる方。18歳以上の方。
  3. 8,000円
  4. 申込用紙
2019年 9月
10日(火)
  1. 刈払機取扱作業者
  2. 刈払機(草刈機)を使用する作業従事者
  3. 13,000円
  4. 申込用紙
   
2019年 10月
17日(木)
  1. 助成 フルハーネス型安全帯(墜落制止用器具)特別教育
  2. 高さ2m以上の作業床等のない高所作業ではフルハーネス型を着用することが原則となりました【2019年2月1日施行】
    ガイドラインによると一般的な建設作業では5m以上その他の作業では6.75m以上を超える作業ではフルハーネス型の着用をすることが義務化されました
    (高さが2m以上の箇所であって、作業床を設けることが困難なところにおいて、フルハーネス型を用いて作業を行う場合、また、一連の作業の家庭において、
    一部作業床を設けることが困難な場所にあって、フルハーネス型を使用する場合にも、本特別教育の対象となります)。
  3. 8,000円
  4. 申込用紙
   
2019年 11月
22日(金)
  1. 建築士定期講習
  2. 建築士事務所に属する建築士は、3年ごとの「建築士定期講習」が義務付けられました。
  3. 10,000円
  4. 申込用紙
   
2019年 12月
3日(火)
  1. 助成 足場能力向上
  2. 2009年6月以前に足場の作業主任者資格をとり、法改正に伴う「足場の点検・記録」を行う方。
  3. 8,000円
  4. 申込用紙
12日(木)
  1. 助成 フルハーネス型安全帯(墜落制止用器具)特別教育
  2. 高さ2m以上の作業床等のない高所作業ではフルハーネス型を着用することが原則となりました【2019年2月1日施行】
    ガイドラインによると一般的な建設作業では5m以上その他の作業では6.75m以上を超える作業ではフルハーネス型の着用をすることが義務化されました
    (高さが2m以上の箇所であって、作業床を設けることが困難なところにおいて、フルハーネス型を用いて作業を行う場合、また、一連の作業の家庭において、
    一部作業床を設けることが困難な場所にあって、フルハーネス型を使用する場合にも、本特別教育の対象となります)。
  3. 8,000円
  4. 申込用紙
   
2020年 2月
20日(木)
  1. 助成 フルハーネス型安全帯(墜落制止用器具)特別教育
  2. 高さ2m以上の作業床等のない高所作業ではフルハーネス型を着用することが原則となりました【2019年2月1日施行】
    ガイドラインによると一般的な建設作業では5m以上その他の作業では6.75m以上を超える作業ではフルハーネス型の着用をすることが義務化されました
    (高さが2m以上の箇所であって、作業床を設けることが困難なところにおいて、フルハーネス型を用いて作業を行う場合、また、一連の作業の家庭において、
    一部作業床を設けることが困難な場所にあって、フルハーネス型を使用する場合にも、本特別教育の対象となります)。
  3. 8,000円
  4. 申込用紙
   
2020年 3月
6日(金)
  1. 建築士定期講習
  2. 建築士事務所に属する建築士は、3年ごとの「建築士定期講習」が義務付けられました。
  3. 10,000円
  4. 申込用紙
17日(火)
  1. 丸のこ等取扱い作業従事者教育
  2. 携帯用丸のこ等を使用する作業従事者
  3. 6,000円
  4. 申込用紙
   

申込み方法

*建築士定期講習以外は組合員でないと受講できません。

  • 申請書(必要事項記入・捺印・事業所横判・角印)
  • 受講料
  • 本籍地を確認できる公的書面
    (本籍地記載の住民票、パスポート等。外国籍の方は在留カード)
  • 写真2枚[玉掛・小型クレーンには1枚](3 cm x 2.4cm)
  • 石綿作業主任者、足場の組立等作業主任者、木造建築物の組立等作業主任者、
    型枠支保工の組立て等作業主任者、地山の掘削・土止め支保工作業主任者、
    木材加工用機械作業主任者
    は雇用保険被保険者証の写し、もしくは、労災特別加入の証明書類。

上記の物を揃えて組合・支部に提出してください。

PAGE TOP