神奈川県建設労働組合連合会

トピックス

神建連第70回定期大会 新体制一丸となり2%実増を達成しよう

2024年7月10日

昨年につづき県民ホールで開催

神建連は6月9日、第70回定期大会を神奈川県民ホールで開催しました。代議員153人、執行部59人、来賓、組合員参加、書記局あわせ246人が参加しました。

 議長には川連の江崎ジョセフさん、神奈川土建の髙橋英樹さんが選出されました。あいさつで菅野会長は、能登半島地震について、被災者に思いを馳せるとともに、神建連から仮設住宅建設に携わった仲間の奮闘を称えました。100万人署名では青年や主婦がリードし、非常に大きな運動になったと振り返りました。
仙田書記長が運動の経過と情勢、運動方針案を、佐藤財政部長が決算・予算案を提案。各地区協からの活動報告で、提案が補強され、いずれの提案も全会一致で採択されました。10の分科会で活発な討論が行われました。
横浜市連選出の西野起永選挙管理委員長により、新役員が提案され拍手で確認されました。閉会挨拶で益田副会長は、10月に神奈川で開催される全建総連第70回大会を新体制一丸となって成功させようと呼びかけ、ガンバローで大会を締めました。

第70期重点運動課題

  • 1、賃金・単価引き上げ、建設労働者の処遇改善、仕事確保の運動前進を
  • 2、物価・資材高騰から仲間のくらしと営業を守ろう!消費税減税、インボイスは廃止を!
  • 3、仲間の命綱・建設国保を守り、なくすな!保険証、社会保障の拡充を
  • 4、アスベスト裁判勝利、給付金法改正で全面解決を勝ち取ろう!
  • 5、大軍拡反対、憲法を守り、仲間の暮らしと平和を守ろう!要求実現がかなう、まともな政治を実現しよう!
  • 6、「組織建設3か年計画」の最終年度、2%の実増目標を達成しよう
PAGE TOP